パンの街 神戸から

全商品一覧

レシピ集

パンの街 神戸から 神戸グルメネット > パンの街 神戸から

神戸グルメネットの社長が選ぶ神戸のパン屋さん

2022/03/11

神戸グルメネットの社長が選ぶ神戸のベーカリーベスト10

①フロインドリーブ

再来年2024年に創業100年を迎える神戸を代表する老舗ベーカリー。 パンの街神戸のシンボル的存在でもあります。ドイツパンドイツ菓子の他、洋菓子ギフトも多数並べられています。 現店舗は旧神戸ユニオン教会であり、神戸のランドマーク的存在です。1階が物販で2階がカフェ、 その場で焼き立てのパンや出来立てのケーキ、作りたてのサンドウィッチが楽しめます。 シャンパンやワインなどのアルコール類も有りますのでゆっくりと寛げます。

②ドンク

神戸で生まれて今年で創業117年の老舗。粉から生地を仕込み焼き上げる日本最大のスクラッチベーカリーチェーンです。 ドンクが代表するフランスパンは日本中に広まりました。ドンクの職人さんが参加したパリのパンの ワードカップ2002に於いて日本チームが総合優勝を果たしました。 パンをつくるだけでなく技術者も全国に排出しています。 ドンクが世に広めたパンはフランスパンだけでなく、新年の食卓を飾るガレットデロワなど日本のパン文化を 深化させました。

③イスズベーカリー

神戸の山食で有名なイスズベーカリーは、じっくりと手作業で時間をかけて生地を熟成させ、手間暇かかっても 暮らしの中で長く愛されるパンを食卓にお届けしたいという信念を持ってパンをつくり続けています。 2代目オーナーシェフの井筒英治会長はパン作り20年「神戸マイスター」に認定されています。

④ビゴの店

日本にフランスパンを伝えた第一人者であるフィリップビゴ氏が立ち上げたベーカリー。本店は芦屋に構える。 「自然に逆らわない」というビゴ氏の教えを忠実に守り、今も添加物は使わず発酵時間や温度管理を徹底し「ビゴのフランスパン」を守り続けている。

 

⑤コムシノワ

フレンチのシェフ、荘司索氏がオーナーを務めるブーランジェリー。シェフならではの発想を活かした惣菜パンやスイーツパンは常時各20種揃います。 1番人気が「パンドポムドテール」。蒸したジャガイモを生地に練り込み、そのまま味わうともちもち食感が素晴らしくトーストすれば外側がカリッと香ばしく、ジャガイモの香りが 鼻に抜け違った美味しさが楽しめます。

⑥ルパン神戸北野

ホテルラスイート神戸ハーバーランド直営のスイーツ&ベーカリー。 ラ・スイートの朝食のパンを買って帰りたいと多くのお客様のご要望を頂き、パン・スイーツ専用のキッチンを確保して生まれたショップです。 兵庫県産の小麦や牛乳、六甲の「布引の水」、丹波産の黒豆・小豆・栗や淡路玉ねぎ・淡路レモン、その他果物や野菜など、それらの素材を自家焙養天然酵母でじっくり発酵を取り焼き上げています。

⑦フロイン堂

創業1932年。御年88歳の2代目と3代目の親子2人で営んでいます。 看板商品はずばり「食パン」。 初代がフロインドリーブで修業、ハリーさんに弟子入りしてパンを学び、岡本に「フロインドリーブ2号店」を構えました。 創業当時からこだわっているのは、パンの生地を手で捏ねる事と煉瓦の窯で焼く事。 朝一番にその日焼くパンの生地を手捏ねします。 レンガ窯は火回りがよく、生地にじんわりと火入れが出来、独特の食感に焼き上がります。

⑧サ・マーシュ

「オーボンヴュ―タン」や「ビゴの店」などの名店で修業し、「コムシノワ」のトップシェフとして腕をふるった西川功晃氏のベーカリー。  一押しは「カンパーニュ」。自然酵母でつくられた大きな田舎パンで、ライ麦、全粒粉を加えた素朴な味わいが魅力。噛みしめるほど酸味と旨味が感じられます。  お店はスタッフと相談しながら購入できる対面式。好みを伝えればおすすめしてもらえます。テラス席でもサ・マーシュのパンを楽しめます。

⑨ブロートバールセセシオン

神戸を代表する老舗喫茶にしむら珈琲店が運営するベーカリー。「ブロート」とはドイツ語でパン。 ただ単にベーカリーではなく「バール」。 焼き立てのパンがすぐそこにあり、すぐにバールで食べられるという意味。 パンを取り巻くデリも自家製。 力を入れているのはヨーロッパの食卓を神戸にもたらすハードパン。 全粒粉はもちろん、ライ麦や古代小麦、大麦など様々な穀物を駆使した本格ドイツ仕込みの大型ブロートが楽しめます。

⑩ケルン

ドイツのベッカーマイスターの下でドイツパンの文化を学んだ3代目が引継ぎ、神戸に人に愛され続けるパンを作り続けています。神戸に8店舗があります。 昨年、サステナブルベーカリー「日々ケルン」をオープンしました。 兵庫県産の農薬・化学肥料の減量・不使用の不選別農産物を使用したり、販売したりしています。

以上、神戸グルメネットが選んだ神戸のベーカリーベスト10です。

これから、この10大ベーカリーを深く掘り下げていこうと思います。

新年は家族でガレットデロアを楽しみます

2021/01/12

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

新年は家族でガレットデロアを楽しみます。

12月はシュトーレンでクリスマス気分を楽しみ、お正月はドンクさんのガレットデロアで新年を楽しんでおります。

 

ドンクさんでは、1965年にガレットデロアを発売されました。それから半世紀以上、日本にガレットデロアを広めたと言えるのでしょう。そんな歴史ある菓子をこれからも楽しんでいきたいと思います。

神戸の12月はフロインドリーブから始まります

2020/12/22

12月、フロインドリーブの季節です。(あくまで、店主の主観ですが・・・(笑))

毎年12月になるとフロインドリーブでシュトーレンを購入し、毎朝少しづつ切り分けて、クリスマス気分を楽しんでいます。

30%以上のバターと60%以上のナッツとドライフルーツが生地に練り込まれていないと「シュトーレン」と呼んではダメだそうですが、フロインドリーブのシュトーレンもドイツスタイルに則って作られています。

昔はスパイスを入れたり、ナッツやドライフルーツの種類も多かったようですが、神戸っ子にも食べやすいようにだんだん変化してきたそうです。ドイツの製法をベースに神戸スタイルのシュトーレンになり、これが「フロインドリーブのシュトーレン」になったのです。

 

日本でシュトーレン文化を広めたフロインドリーブですが、今や様々なお店で作られるようになりました。それでも私は、12月はバターリッシュで香り高く、口溶けの良いフロインドリーブのシュトーレンを楽しむのが最高の喜びです。

また、この季節はお店の外観もすばらしいイルミネーションで飾られます。まさに神戸のランドマークであるこのお店で、シュトーレンを買って、クリスマスを思う存分楽しんでください。

category-9